パビリオン人気ランキング

  1. 好きなパビリオンに投票してください。もし、例になければ、追加して下さい。
  2. ご意見もいっしょにお聞かせください。
  3. 大阪万博と関係ない物は削除させていただきます。

有効回答:1,411

順位項目得票数割合
1太陽の塔216 15.3%
2モルモン館154 10.9%
3三菱未来館93 6.6%
4ガスパビリオン71 5.0%
5中華民国館68 4.8%
6エキスポタワー61 4.3%
7生命の樹49 3.5%
8アメリカ館48 3.4%
9みどり館44 3.1%
10日立グループ館41 2.9%
11ソ連館33 2.3%
12せんい館31 2.2%
13フジパンロボット館26 1.8%
14住友童話館23 1.6%
15台湾館21 1.5%
16スイス館20 1.4%
16西ドイツ館20 1.4%
18松下館19 1.3%
19オーストラリア館16 1.1%
19古河グループパビリオン16 1.1%
21富士パビリオン14 1.0%
21リコー館14 1.0%
23ソビエト社会主義共和国連邦館12 0.9%
23動く歩道12 0.9%
25タカラビューティーリオン11 0.8%
25日本館11 0.8%
27IBM館10 0.7%
28空中ビュッフェ9 0.6%
28カナダ館9 0.6%
28サントリー館9 0.6%
28月の石9 0.6%
32鉄鋼館8 0.6%
32電力館8 0.6%
32ドイツ館8 0.6%
35東芝IHI館7 0.5%
35サンヨー館7 0.5%
35クボタ館7 0.5%
38電気通信館6 0.4%
38フランス館6 0.4%
38ペプシ館6 0.4%
38ダイダラザウルス6 0.4%
38万国博覧会記念協会本部ビル6 0.4%
43専売公社館(虹の塔)5 0.4%
43ブリティッシュコロンビア館5 0.4%
45ショップタワー4 0.3%
45オランダ館4 0.3%
45ニュージーランド館4 0.3%
45太陽の塔の内部4 0.3%
45三井グループ館4 0.3%
45三波春夫4 0.3%
51インド館3 0.2%
51ミノルタ迷子センター3 0.2%
51象牙海岸館3 0.2%
51自動車館3 0.2%
51テーマ館3 0.2%
51フィリピン館3 0.2%
51ブータン王国館3 0.2%
51大阪万博3 0.2%
51エキスポランド3 0.2%
51天六ガス爆発事故3 0.2%
61アブダビ館2 0.1%
61スカンジナビア館2 0.1%
61地方自治体館2 0.1%
61ケベック州館2 0.1%
61ポルトガル館2 0.1%
61電気自動車2 0.1%
61ビルマ館2 0.1%
61松下舘2 0.1%
61大屋根2 0.1%
61公衆便所2 0.1%
61あれ2 0.1%
61サウジアラビア館2 0.1%
61南ベトナム館2 0.1%
61朝鮮総連館2 0.1%
61ケンタッキーフライドチキン2 0.1%
61EXPO'70パビリオン2 0.1%
77チェコスロバキヤ1 0.1%
77イタリア館1 0.1%
77オンタリオ州館1 0.1%
77ワシントン州館1 0.1%
77大韓民国館1 0.1%
77サンフランシスコ館1 0.1%
77バチカン市国1 0.1%
77ワコールリッカーミシン館1 0.1%
77万博イラン館1 0.1%
77カンボジア館1 0.1%
77虹の塔1 0.1%
77ネパール館1 0.1%
77風神雷神1 0.1%
7770`s大阪万博1 0.1%
77ソニー館1 0.1%
77生活産業館1 0.1%
77日立1 0.1%
77太陽の塔かな館1 0.1%
77ラテナマジカ劇場1 0.1%
77お祭り広場1 0.1%
77グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国館1 0.1%
77RCD館(苛櫃潰困鋪圭摂)1 0.1%
77万国博ホール1 0.1%
77ハワイ州館1 0.1%
77メキシコ館1 0.1%
7740年近く建ってるしぶとい太陽の塔1 0.1%
77鉄鋼館のステージについてたデジタル時計らしきもの1 0.1%
77ドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルド1 0.1%
77ズチロリロリロン1 0.1%
77北朝鮮館1 0.1%
77シャープ館1 0.1%
77西ドイツ館1 0.1%
77東芝IHI館1 0.1%
77IBM館1 0.1%
77ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ1 0.1%
77コートジボアール館1 0.1%
77万国博電報電話局1 0.1%
77姉歯秀次1 0.1%
77日本IBM館1 0.1%
77Hitachi Inspire the next1 0.1%
77よど号ハイジャック事件1 0.1%
77三洋電機館1 0.1%
77ミュージアムショップ1 0.1%
77Hitachi Inspire the Next1 0.1%
77北大阪急行電鉄万博会場線1 0.1%
77創価学会1 0.1%
77ワシントンDC館1 0.1%
77あいりん地区1 0.1%
77イラク館1 0.1%
77モルモン塔1 0.1%
127コロラド州0 0.0%
127ベルギー館0 0.0%
127迎賓館0 0.0%
127コダック0 0.0%
127モノレール0 0.0%
127化学工業館0 0.0%
127日本民芸館0 0.0%
127日本庭園0 0.0%
127国連館0 0.0%
127アラブ連合館0 0.0%
127国際共同館0 0.0%
127科学工業館0 0.0%
127太陽の塔内部のエスカレーター0 0.0%
127太陽の塔腕の先0 0.0%
127北朝鮮民主主義人民共和国韓0 0.0%
127万国博美術館0 0.0%
127夢の池0 0.0%
127大地の池0 0.0%
127調和の広場0 0.0%
127青春の塔0 0.0%
127母の塔0 0.0%
127香港館0 0.0%
127OECD館0 0.0%
127日曜広場0 0.0%
127月曜広場0 0.0%
127火曜広場0 0.0%
127水曜広場0 0.0%
127木曜広場0 0.0%
127金曜広場0 0.0%
127土曜広場0 0.0%
127EC館0 0.0%
127富士グループ・パビリオン0 0.0%
127クウェート館0 0.0%
127歩く歩道0 0.0%
127今もある鉄鋼館0 0.0%
127国際バザール0 0.0%
127プレスせん0 0.0%
127プレスセンター0 0.0%
127万国博中央口駅0 0.0%
127進歩橋0 0.0%
127千里橋0 0.0%
127万国橋0 0.0%
127調和橋0 0.0%
127天の池0 0.0%
127ドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルド0 0.0%
127ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆0 0.0%
127ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ 0 0.0%
127ヤクルト館0 0.0%
127光の木0 0.0%
127ラオス館0 0.0%
127桃太郎ランド0 0.0%
127東ドイツ館0 0.0%
127パナソニック館0 0.0%
127ナショナル館0 0.0%
127ズチロリロリローン0 0.0%
127まいんぱげ0 0.0%
127マインパゲ0 0.0%
127ほひ0 0.0%
127強盗殺人0 0.0%
127yyyyy0 0.0%
127北大阪急行電鉄万博会場線 0 0.0%
127北大阪急行万博会場線0 0.0%
127大量出血0 0.0%
127ばか0 0.0%
127貴様0 0.0%
127詐欺、恐喝事件0 0.0%
1270 0.0%
127北大阪急行電鉄会場線0 0.0%
127北大阪急行会場線0 0.0%
127アホ0 0.0%
127日本マクドナルド館0 0.0%
127マクドナルド館0 0.0%
127マクドナルド0 0.0%
127便所0 0.0%
127トイレ0 0.0%
127コカコーラ0 0.0%
127コカ・コーラ0 0.0%
127コカ・コーラ館0 0.0%
127コカコーラ館0 0.0%
127繊維館0 0.0%
127昭和天皇0 0.0%
127裕仁天皇0 0.0%
127裕仁0 0.0%
127紅之用兵0 0.0%
127紅の用兵0 0.0%
127紅の傭兵0 0.0%
127紅之傭兵0 0.0%
127チェコスロバキア館0 0.0%
127ソビエト連邦館0 0.0%
127金日成0 0.0%
127日本コカ・コーラ館0 0.0%
127日本コカコーラ館0 0.0%
127池田大作0 0.0%
127公衆トイレ0 0.0%
127パチンコ0 0.0%
127松下電器館0 0.0%
127松下電器産業館0 0.0%
127オウムしんりきょうかん0 0.0%
127EXPO‘70パビリオン0 0.0%
127岡本太郎0 0.0%
127丹下健三0 0.0%
127嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ0 0.0%
127                  ___,,、---─>─‐'''""´´ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ--、            _,,,、、--=ニ二´-‐''"/ ,>'"´ // .::/,..::::/ ...../... ,,>'" ,,ィ  \     __,,、-─''"´.::::::::::::::::>'"´...>'"´//>'"/ィ/:/イィ/,,ィ/..::::/.::::::>'>''彡ミ .)  <´_:_:_:_:::_::_::::::∠>''"/::::::::///.::/.../ Y/./../ .///.:>//彡三ニ. /   ,、-イ::_:_:_:>'"..........:::::::::::/ィ'"//:/:::/::::://../Y/:/  /  イ /彡三ニ- /  'ィ'"´,,ィ'......:::::......,,>''"´::::::/ /ィ/:::ノ:,,ノ/::://:// 人/..:::/  / /彡三ニ-  /  , ィ´:::::::::::>''"´:/::::://....:::::::::/..:::::::::/.::::/ .::/∨::::|..::::/ .:::/.:::/彡三ニ='". //_,,、-‐''"´/::::/:::::::/:∠..::::::::::∠..:::::::::::/ .::/ ..::/:::::://.{:::/ .::::l::::/彡三ニ='". /´      ´/::::::::∠::∠.:::::::::::∠..::::::::::::/ .:::/ .:::/:::::// ∨..:::::,:::/彡三ニ=''´ /       /::::::::::/.::::/ :::::::::::/ :::::::::::::/ .::::/ ::::/:::::/:;  :::ヘ:::::::/彡三ニ=''´. {     /::::::::::/.::::/ .:::::::::::/ ::::::::::::::/ :::::/ ::::/ ::::/:::;  ::::::∨/彡彡ニィ'"´ .|    / :::::::::// ::::/ .:::::::::/ ::::::::::::::/ ::::::, :::::/,::::::, :::;  .:::::::|Y'"´∠彡イ'" ./.   / ::::::/.../ ::::/ .:::::::::/ ::::::::::::::/ :::::, :::::/,:::::::; ::::l  .:::::::|::}  .  彡'"/  / :::::/  /::::イ,  ::::::::/ :::::::::::::::,  ::::::; ::::; .; ::::::; :::l.   :::::::|::}     ミ:/  /::::::/   ;:::/ ,  :::::::::; .::::::::::::::::;  :::::::;:::::; | ::::::l:::l.    :::::::|::}      { ,::::::/   ;:/ ;  .::::::::;  :::::::::::::/;  ::::::::|:::/ | :::::ハハ   :::::::|::}     ●←地球..,:::ノ    |  |  ::::::::| :::::::::::/ !:! ::::::::ハ/. .|.::::/  ', : : :.:::: |::}/'        | : :::::::| ::::::::/ .ソ, ::::::::/   |::::}   ',: : : :::::::|ソ            {: : :::::/: :::::::/   ; ::::::{    |:/    ',: :::::::::|          {: : ::/ |: ::::/    {:::::{     |'     ヽ: :::::|          ヽ:::/ {::::/     {:::|           ヽ:::::|    .       ∨  .{/      {./              ヽ|0 0.0%
127オウム真理教館0 0.0%
127EXPO70パビリオン0 0.0%
127麻原彰晃0 0.0%
127創価学会館0 0.0%
127三菱モルモン館0 0.0%
127日立モルモン館0 0.0%
127江の傭兵0 0.0%
127江の用兵0 0.0%
127江之用兵0 0.0%
127江之傭兵0 0.0%
127天6ガス爆発事故0 0.0%
127通天閣0 0.0%
127天神橋筋六丁目ガス爆発事故0 0.0%
127天神橋筋6丁目ガス爆発事故0 0.0%
127東芝モルモン館0 0.0%
127松下モルモン館0 0.0%
127ナショナルモルモン館0 0.0%
127パナソニックモルモン館0 0.0%
127チェコスロバキア0 0.0%
127釜山港へ帰れ0 0.0%
127明仁0 0.0%
127モルモンタワー0 0.0%
127福島第一原発0 0.0%
127光の樹0 0.0%
127空中テーマ館0 0.0%
127カルピス館0 0.0%
127味の素館0 0.0%
127日清食品館0 0.0%
127コダック館0 0.0%
127東ベルリン0 0.0%
127金正日0 0.0%
127東ドイツ0 0.0%
127三洋モルモン館0 0.0%
127どっか0 0.0%
127福島第一原子力発電所0 0.0%
127ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランル館0 0.0%
127 好きなパビリオンに投票してください。もし、例になければ、追加して下さい。 ご意見もいっしょにお聞かせください。 大阪万博と関係ない物は削除させていただきます。 有効回答:1,411件 順位 項目 得票数 割合 1 太陽の塔 216 15.3% 2 モルモン館 154 10.9% 3 三菱未来館 93 6.6% 4 ガスパビリオン 71 5.0% 5 中華民国館 68 4.8% 6 エキスポタワー 61 4.3% 7 生命の樹 49 3.5% 8 アメリカ館 48 3.4% 9 みどり館 44 3.1% 10 日立グループ館 41 2.9% 11 ソ連館 33 2.3% 12 せんい館 31 2.2% 13 フジパンロボット館 26 1.8% 14 住友童話館 23 1.6% 15 台湾館 21 1.5% 16 スイス館 20 1.4% 16 西ドイツ館 20 1.4% 18 松下館 19 1.3% 19 オーストラリア館 16 1.1% 19 古河グループパビリオン 16 1.1% 21 富士パビリオン 14 1.0% 21 リコー館 14 1.0% 23 ソビエト社会主義共和国連邦館 12 0.9% 23 動く歩道 12 0.9% 25 タカラビューティーリオン 11 0.8% 25 日本館 11 0.8% 27 IBM館 10 0.7% 28 空中ビュッフェ 9 0.6% 28 カナダ館 9 0.6% 28 サントリー館 9 0.6% 28 月の石 9 0.6% 32 鉄鋼館 8 0.6% 32 電力館 8 0.6% 32 ドイツ館 8 0.6% 35 東芝IHI館 7 0.5% 35 サンヨー館 7 0.5% 35 クボタ館 7 0.5% 38 電気通信館 6 0.4% 38 フランス館 6 0.4% 38 ペプシ館 6 0.4% 38 ダイダラザウルス 6 0.4% 38 万国博覧会記念協会本部ビル 6 0.4% 43 専売公社館(虹の塔) 5 0.4% 43 ブリティッシュコロンビア館 5 0.4% 45 ショップタワー 4 0.3% 45 オランダ館 4 0.3% 45 ニュージーランド館 4 0.3% 45 太陽の塔の内部 4 0.3% 45 三井グループ館 4 0.3% 45 三波春夫 4 0.3% 51 インド館 3 0.2% 51 ミノルタ迷子センター 3 0.2% 51 象牙海岸館 3 0.2% 51 自動車館 3 0.2% 51 テーマ館 3 0.2% 51 フィリピン館 3 0.2% 51 ブータン王国館 3 0.2% 51 大阪万博 3 0.2% 51 エキスポランド 3 0.2% 51 天六ガス爆発事故 3 0.2% 61 アブダビ館 2 0.1% 61 スカンジナビア館 2 0.1% 61 地方自治体館 2 0.1% 61 ケベック州館 2 0.1% 61 ポルトガル館 2 0.1% 61 電気自動車 2 0.1% 61 ビルマ館 2 0.1% 61 松下舘 2 0.1% 61 大屋根 2 0.1% 61 公衆便所 2 0.1% 61 あれ 2 0.1% 61 サウジアラビア館 2 0.1% 61 南ベトナム館 2 0.1% 61 朝鮮総連館 2 0.1% 61 ケンタッキーフライドチキン 2 0.1% 61 EXPO'70パビリオン 2 0.1% 77 チェコスロバキヤ 1 0.1% 77 イタリア館 1 0.1% 77 オンタリオ州館 1 0.1% 77 ワシントン州館 1 0.1% 77 大韓民国館 1 0.1% 77 サンフランシスコ館 1 0.1% 77 バチカン市国 1 0.1% 77 ワコールリッカーミシン館 1 0.1% 77 万博イラン館 1 0.1% 77 カンボジア館 1 0.1% 77 虹の塔 1 0.1% 77 ネパール館 1 0.1% 77 風神雷神 1 0.1% 77 70`s大阪万博 1 0.1% 77 ソニー館 1 0.1% 77 生活産業館 1 0.1% 77 日立 1 0.1% 77 太陽の塔かな館 1 0.1% 77 ラテナマジカ劇場 1 0.1% 77 お祭り広場 1 0.1% 77 グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国館 1 0.1% 77 RCD館(苛櫃潰困鋪圭摂) 1 0.1% 77 万国博ホール 1 0.1% 77 ハワイ州館 1 0.1% 77 メキシコ館 1 0.1% 77 40年近く建ってるしぶとい太陽の塔 1 0.1% 77 鉄鋼館のステージについてたデジタル時計らしきもの 1 0.1% 77 ドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルド館0 0.0%
127 好きなパビリオンに投票してください。もし、例になければ、追加して下さい。 ご意見もいっしょにお聞かせください。 大阪万博と関係ない物は削除させていただきます。 有効回答:1,411件 順位 項目 得票数 割合 1 太陽の塔 216 15.3% 2 モルモン館 154 10.9% 3 三菱未来館 93 6.6% 4 ガスパビリオン 71 5.0% 5 中華民国館 68 4.8% 6 エキスポタワー 61 4.3% 7 生命の樹 49 3.5% 8 アメリカ館 48 3.4% 9 みどり館 44 3.1% 10 日立グループ館 41 2.9% 11 ソ連館 33 2.3% 12 せんい館 31 2.2% 13 フジパンロボット館 26 1.8% 14 住友童話館 23 1.6% 15 台湾館 21 1.5% 16 スイス館 20 1.4% 16 西ドイツ館 20 1.4% 18 松下館 19 1.3% 19 オーストラリア館 16 1.1% 19 古河グループパビリオン 16 1.1% 21 富士パビリオン 14 1.0% 21 リコー館 14 1.0% 23 ソビエト社会主義共和国連邦館 12 0.9% 23 動く歩道 12 0.9% 25 タカラビューティーリオン 11 0.8% 25 日本館 11 0.8% 27 IBM館 10 0.7% 28 空中ビュッフェ 9 0.6% 28 カナダ館 9 0.6% 28 サントリー館 9 0.6% 28 月の石 9 0.6% 32 鉄鋼館 8 0.6% 32 電力館 8 0.6% 32 ドイツ館 8 0.6% 35 東芝IHI館 7 0.5% 35 サンヨー館 7 0.5% 35 クボタ館 7 0.5% 38 電気通信館 6 0.4% 38 フランス館 6 0.4% 38 ペプシ館 6 0.4% 38 ダイダラザウルス 6 0.4% 38 万国博覧会記念協会本部ビル 6 0.4% 43 専売公社館(虹の塔) 5 0.4% 43 ブリティッシュコロンビア館 5 0.4% 45 ショップタワー 4 0.3% 45 オランダ館 4 0.3% 45 ニュージーランド館 4 0.3% 45 太陽の塔の内部 4 0.3% 45 三井グループ館 4 0.3% 45 三波春夫 4 0.3% 51 インド館 3 0.2% 51 ミノルタ迷子センター 3 0.2% 51 象牙海岸館 3 0.2% 51 自動車館 3 0.2% 51 テーマ館 3 0.2% 51 フィリピン館 3 0.2% 51 ブータン王国館 3 0.2% 51 大阪万博 3 0.2% 51 エキスポランド 3 0.2% 51 天六ガス爆発事故 3 0.2% 61 アブダビ館 2 0.1% 61 スカンジナビア館 2 0.1% 61 地方自治体館 2 0.1% 61 ケベック州館 2 0.1% 61 ポルトガル館 2 0.1% 61 電気自動車 2 0.1% 61 ビルマ館 2 0.1% 61 松下舘 2 0.1% 61 大屋根 2 0.1% 61 公衆便所 2 0.1% 61 あれ 2 0.1% 61 サウジアラビア館 2 0.1% 61 南ベトナム館 2 0.1% 61 朝鮮総連館 2 0.1% 61 ケンタッキーフライドチキン 2 0.1% 61 EXPO'70パビリオン 2 0.1% 77 チェコスロバキヤ 1 0.1% 77 イタリア館 1 0.1% 77 オンタリオ州館 1 0.1% 77 ワシントン州館 1 0.1% 77 大韓民国館 1 0.1% 77 サンフランシスコ館 1 0.1% 77 バチカン市国 1 0.1% 77 ワコールリッカーミシン館 1 0.1% 77 万博イラン館 1 0.1% 77 カンボジア館 1 0.1% 77 虹の塔 1 0.1% 77 ネパール館 1 0.1% 77 風神雷神 1 0.1% 77 70`s大阪万博 1 0.1% 77 ソニー館 1 0.1% 77 生活産業館 1 0.1% 77 日立 1 0.1% 77 太陽の塔かな館 1 0.1% 77 ラテナマジカ劇場 1 0.1% 77 お祭り広場 1 0.1% 77 グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国館 1 0.1% 77 RCD館(苛櫃潰困鋪圭摂) 1 0.1% 77 万国博ホール 1 0.1% 77 ハワイ州館 1 0.1% 77 メキシコ館 1 0.1% 77 40年近く建ってるしぶとい太陽の塔 1 0.1% 77 鉄鋼館のステージについてたデジタル時計らしきもの 1 0.1% 77 ドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルド 1 0.1% 77 ズチロリロリロン 1 0.1% 77 北朝鮮館 1 0.1% 77 シャープ館 1 0.1% 77 西ドイツ館 1 0.1% 77 東芝IHI館 1 0.1% 77 IBM館 1 0.1% 77 ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ 1 0.1% 77 コートジボアール館 1 0.1% 77 万国博電報電話局 1 0.1% 77 姉歯秀次 1 0.1% 77 日本IBM館 1 0.1% 77 Hitachi Inspire the next 1 0.1% 77 よど号ハイジャック事件 1 0.1% 77 三洋電機館 1 0.1% 77 ミュージアムショップ 1 0.1% 77 Hitachi Inspire the Next 1 0.1% 77 北大阪急行電鉄万博会場線 1 0.1% 77 創価学会 1 0.1% 77 ワシントンDC館 1 0.1% 77 あいりん地区 1 0.1% 77 イラク館 1 0.1% 77 モルモン塔 1 0.1% 127 コロラド州 0 0.0% 127 ベルギー館 0 0.0% 127 迎賓館 0 0.0% 127 コダック 0 0.0% 127 モノレール 0 0.0% 127 化学工業館 0 0.0% 127 日本民芸館 0 0.0% 127 日本庭園 0 0.0% 127 国連館 0 0.0% 127 アラブ連合館 0 0.0% 127 国際共同館 0 0.0% 127 科学工業館 0 0.0% 127 太陽の塔内部のエスカレーター 0 0.0% 127 太陽の塔腕の先 0 0.0% 127 北朝鮮民主主義人民共和国韓 0 0.0% 127 万国博美術館 0 0.0% 127 夢の池 0 0.0% 127 大地の池 0 0.0% 127 調和の広場 0 0.0% 127 青春の塔 0 0.0% 127 母の塔 0 0.0% 127 香港館 0 0.0% 127 OECD館 0 0.0% 127 日曜広場 0 0.0% 127 月曜広場 0 0.0% 127 火曜広場 0 0.0% 127 水曜広場 0 0.0% 127 木曜広場 0 0.0% 127 金曜広場 0 0.0% 127 土曜広場 0 0.0% 127 EC館 0 0.0% 127 富士グループ・パビリオン 0 0.0% 127 クウェート館 0 0.0% 127 歩く歩道 0 0.0% 127 今もある鉄鋼館 0 0.0% 127 国際バザール 0 0.0% 127 プレスせん 0 0.0% 127 プレスセンター 0 0.0% 127 万国博中央口駅 0 0.0% 127 進歩橋 0 0.0% 127 千里橋 0 0.0% 127 万国橋 0 0.0% 127 調和橋 0 0.0% 127 天の池 0 0.0% 127 ドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルド 0 0.0% 127 ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ 0 0.0% 127 ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ 0 0.0% 127 ヤクルト館 0 0.0% 127 光の木 0 0.0% 127 ラオス館 0 0.0% 127 桃太郎ランド 0 0.0% 127 東ドイツ館 0 0.0% 127 パナソニック館 0 0.0% 127 ナショナル館 0 0.0% 127 ズチロリロリローン 0 0.0% 127 まいんぱげ 0 0.0% 127 マインパゲ 0 0.0% 127 ほひ 0 0.0% 127 強盗殺人 0 0.0% 127 yyyyy 0 0.0% 127 北大阪急行電鉄万博会場線 0 0.0% 127 北大阪急行万博会場線 0 0.0% 127 大量出血 0 0.0% 127 ばか 0 0.0% 127 貴様 0 0.0% 127 詐欺、恐喝事件 0 0.0% 127 お 0 0.0% 127 北大阪急行電鉄会場線 0 0.0% 127 北大阪急行会場線 0 0.0% 127 アホ 0 0.0% 127 日本マクドナルド館 0 0.0% 127 マクドナルド館 0 0.0% 127 マクドナルド 0 0.0% 127 便所 0 0.0% 127 トイレ 0 0.0% 127 コカコーラ 0 0.0% 127 コカ・コーラ 0 0.0% 127 コカ・コーラ館 0 0.0% 127 コカコーラ館 0 0.0% 127 繊維館 0 0.0% 127 昭和天皇 0 0.0% 127 裕仁天皇 0 0.0% 127 裕仁 0 0.0% 127 紅之用兵 0 0.0% 127 紅の用兵 0 0.0% 127 紅の傭兵 0 0.0% 127 紅之傭兵 0 0.0% 127 チェコスロバキア館 0 0.0% 127 ソビエト連邦館 0 0.0% 127 金日成 0 0.0% 127 日本コカ・コーラ館 0 0.0% 127 日本コカコーラ館 0 0.0% 127 池田大作 0 0.0% 127 公衆トイレ 0 0.0% 127 パチンコ 0 0.0% 127 松下電器館 0 0.0% 127 松下電器産業館 0 0.0% 127 オウムしんりきょうかん 0 0.0% 127 EXPO‘70パビリオン 0 0.0% 127 岡本太郎 0 0.0% 127 丹下健三 0 0.0% 127 嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ 0 0.0% 127                   ___,,、---─>─‐'''""´´ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ--、            _,,,、、--=ニ二´-‐''"/ ,>'"´ // .::/,..::::/ ...../... ,,>'" ,,ィ  \     __,,、-─''"´.::::::::::::::::>'"´...>'"´//>'"/ィ/:/イィ/,,ィ/..::::/.::::::>'>''彡ミ .)  <´_:_:_:_:::_::_::::::∠>''"/::::::::///.::/.../ Y/./../ .///.:>//彡三ニ. /   ,、-イ::_:_:_:>'"..........:::::::::::/ィ'"//:/:::/::::://../Y/:/  /  イ /彡三ニ- /  'ィ'"´,,ィ'......:::::......,,>''"´::::::/ /ィ/:::ノ:,,ノ/::://:// 人/..:::/  / /彡三ニ-  /  , ィ´:::::::::::>''"´:/::::://....:::::::::/..:::::::::/.::::/ .::/∨::::|..::::/ .:::/.:::/彡三ニ='". //_,,、-‐''"´/::::/:::::::/:∠..::::::::::∠..:::::::::::/ .::/ ..::/:::::://.{:::/ .::::l::::/彡三ニ='". /´      ´/::::::::∠::∠.:::::::::::∠..::::::::::::/ .:::/ .:::/:::::// ∨..:::::,:::/彡三ニ=''´ /       /::::::::::/.::::/ :::::::::::/ :::::::::::::/ .::::/ ::::/:::::/:;  :::ヘ:::::::/彡三ニ=''´. {     /::::::::::/.::::/ .:::::::::::/ ::::::::::::::/ :::::/ ::::/ ::::/:::;  ::::::∨/彡彡ニィ'"´ .|    / :::::::::// ::::/ .:::::::::/ ::::::::::::::/ ::::::, :::::/,::::::, :::;  .:::::::|Y'"´∠彡イ'" ./.   / ::::::/.../ ::::/ .:::::::::/ ::::::::::::::/ :::::, :::::/,:::::::; ::::l  .:::::::|::}  .  彡'"/  / :::::/  /::::イ,  ::::::::/ :::::::::::::::,  ::::::; ::::; .; ::::::; :::l.   :::::::|::}     ミ:/  /::::::/   ;:::/ ,  :::::::::; .::::::::::::::::;  :::::::;:::::; | ::::::l:::l.    :::::::|::}      { ,::::::/   ;:/ ;  .::::::::;  :::::::::::::/;  ::::::::|:::/ | :::::ハハ   :::::::|::}     ●←地球..,:::ノ    |  |  ::::::::| :::::::::::/ !:! ::::::::ハ/. .|.::::/  ', : : :.:::: |::}/'        | : :::::::| ::::::::/ .ソ, ::::::::/   |::::}   ',: : : :::::::|ソ            {: : :::::/: :::::::/   ; ::::::{    |:/    ',: :::::::::|          {: : ::/ |: ::::/    {:::::{     |'     ヽ: :::::|          ヽ:::/ {::::/     {:::|           ヽ:::::|    .       ∨  .{/      {./              ヽ| 0 0.0% 127 オウム真理教館 0 0.0% 127 EXPO70パビリオン 0 0.0% 127 麻原彰晃 0 0.0% 127 創価学会館 0 0.0% 127 三菱モルモン館 0 0.0% 127 日立モルモン館 0 0.0% 127 江の傭兵 0 0.0% 127 江の用兵 0 0.0% 127 江之用兵 0 0.0% 127 江之傭兵 0 0.0% 127 天6ガス爆発事故 0 0.0% 127 通天閣 0 0.0% 127 天神橋筋六丁目ガス爆発事故 0 0.0% 127 天神橋筋6丁目ガス爆発事故 0 0.0% 127 東芝モルモン館 0 0.0% 127 松下モルモン館 0 0.0% 127 ナショナルモルモン館 0 0.0% 127 パナソニックモルモン館 0 0.0% 127 チェコスロバキア 0 0.0% 127 釜山港へ帰れ 0 0.0% 127 明仁 0 0.0% 127 モルモンタワー 0 0.0% 127 福島第一原発 0 0.0% 127 光の樹 0 0.0% 127 空中テーマ館 0 0.0% 127 カルピス館 0 0.0% 127 味の素館 0 0.0% 127 日清食品館 0 0.0% 127 コダック館 0 0.0% 127 東ベルリン 0 0.0% 127 金正日 0 0.0% 127 東ドイツ 0 0.0% 127 三洋モルモン館 0 0.0% 127 どっか 0 0.0% 127 福島第一原子力発電所 0 0.0% 127 ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルーランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランルー☆ランランル館 0 0.0% 127 好きなパビリオンに投票してください。もし、例になければ、追加して下さい。 ご意見もいっしょにお聞かせください。 大阪万博と関係ない物は削除させていただきます。 有効回答:1,411件 順位 項目 得票数 割合 1 太陽の塔 216 15.3% 2 モルモン館 154 10.9% 3 三菱未来館 93 6.6% 4 ガスパビリオン 71 5.0% 5 中華民国館 68 4.8% 6 エキスポタワー 61 4.3% 7 生命の樹 49 3.5% 8 アメリカ館 48 3.4% 9 みどり館 44 3.1% 10 日立グループ館 41 2.9% 11 ソ連館 33 2.3% 12 せんい館 31 2.2% 13 フジパンロボット館 26 1.8% 14 住友童話館 23 1.6% 15 台湾館 21 1.5% 16 スイス館 20 1.4% 16 西ドイツ館 20 1.4% 18 松下館 19 1.3% 19 オーストラリア館 16 1.1% 19 古河グループパビリオン 16 1.1% 21 富士パビリオン 14 1.0% 21 リコー館 14 1.0% 23 ソビエト社会主義共和国連邦館 12 0.9% 23 動く歩道 12 0.9% 25 タカラビューティーリオン 11 0.8% 25 日本館 11 0.8% 27 IBM館 10 0.7% 28 空中ビュッフェ 9 0.6% 28 カナダ館 9 0.6% 28 サントリー館 9 0.6% 28 月の石 9 0.6% 32 鉄鋼館 8 0.6% 32 電力館 8 0.6% 32 ドイツ館 8 0.6% 35 東芝IHI館 7 0.5% 35 サンヨー館 7 0.5% 35 クボタ館 7 0.5% 38 電気通信館 6 0.4% 38 フランス館 6 0.4% 38 ペプシ館 6 0.4% 38 ダイダラザウルス 6 0.4% 38 万国博覧会記念協会本部ビル 6 0.4% 43 専売公社館(虹の塔) 5 0.4% 43 ブリティッシュコロンビア館 5 0.4% 45 ショップタワー 4 0.3% 45 オランダ館 4 0.3% 45 ニュージーランド館 4 0.3% 45 太陽の塔の内部 4 0.3% 45 三井グループ館 4 0.3% 45 三波春夫 4 0.3% 51 インド館 3 0.2% 51 ミノルタ迷子センター 3 0.2% 51 象牙海岸館 3 0.2% 51 自動車館 3 0.2% 51 テーマ館 3 0.2% 51 フィリピン館 3 0.2% 51 ブータン王国館 3 0.2% 51 大阪万博 3 0.2% 51 エキスポランド 3 0.2% 51 天六ガス爆発事故 3 0.2% 61 アブダビ館 2 0.1% 61 スカンジナビア館 2 0.1% 61 地方自治体館 2 0.1% 61 ケベック州館 2 0.1% 61 ポルトガル館 2 0.1% 61 電気自動車 2 0.1% 61 ビルマ館 2 0.1% 61 松下舘 2 0.1% 61 大屋根 2 0.1% 61 公衆便所 2 0.1% 61 あれ 2 0.1% 61 サウジアラビア館 2 0.1% 61 南ベトナム館 2 0.1% 61 朝鮮総連館 2 0.1% 61 ケンタッキーフライドチキン 2 0.1% 61 EXPO'70パビリオン 2 0.1% 77 チェコスロバキヤ 1 0.1% 77 イタリア館 1 0.1% 77 オンタリオ州館 1 0.1% 77 ワシントン州館 1 0.1% 77 大韓民国館 1 0.1% 77 サンフランシスコ館 1 0.1% 77 バチカン市国 1 0.1% 77 ワコールリッカーミシン館 1 0.1% 77 万博イラン館 1 0.1% 77 カンボジア館 1 0.1% 77 虹の塔 1 0.1% 77 ネパール館 1 0.1% 77 風神雷神 1 0.1% 77 70`s大阪万博 1 0.1% 77 ソニー館 1 0.1% 77 生活産業館 1 0.1% 77 日立 1 0.1% 77 太陽の塔かな館 1 0.1% 77 ラテナマジカ劇場 1 0.1% 77 お祭り広場 1 0.1% 77 グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国館 1 0.1% 77 RCD館(苛櫃潰困鋪圭摂) 1 0.1% 77 万国博ホール 1 0.1% 77 ハワイ州館 1 0.1% 77 メキシコ館 1 0.1% 77 40年近く建ってるしぶとい太陽の塔 1 0.1% 77 鉄鋼館のステージについてたデジタル時計らしきもの 1 0.1% 77 ドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルド館 0 0.0% 項目選択 コメント (全角30文字以内) 投票する項目が上記にない場合は以下のフォームから追加して下さい ▼ 直近のコメント一覧 日付 : 2013/07/06(Sat) 22:25:32 投票 : 太陽の塔の内部 コメント : http://www.c1dOvW6eef5JOp8ApWjKQy5RO5mLafkc.com 日付 : 2013/06/09(Sun) 03:57:02 投票 : ニュージーランド館 コメント : http://www.78NLRvzfIwzacsSvHH4hdZWSkQdHROAk.com 日付 : 2013/05/02(Thu) 19:20:34 投票 : モルモン塔 コメント : qL0GpD http://www.78NLRvzfIwzacsSvHH4hdZWSkQdHROAk.com 日付 : 2012/11/14(Wed) 13:20:40 投票 : せんい館 コメント : krnatlbdijnp, http://www.jyewurogge.com lrcnuohyyg 日付 : 2012/09/24(Mon) 06:18:32 投票 : せんい館 コメント : jpbomlbdijnp, http://www.fziflbezou.com mldhxrtntm 日付 : 2012/09/23(Sun) 08:29:28 投票 : せんい館 コメント : twqavlbdijnp, http://www.vovklnsubm.com xsegrmpdbn 日付 : 2012/09/05(Wed) 02:36:07 投票 : EXPO'70パビリオン コメント : Will I be paid weekly or monthly? 日付 : 2012/09/05(Wed) 02:35:55 投票 : EXPO'70パビリオン コメント : Will I be paid weekly or monthly? 日付 : 2012/09/05(Wed) 01:20:56 投票 : オランダ館 コメント : Punk not dead 日付 : 2012/08/09(Thu) 11:28:12 投票 : ドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルドドナルド コメント : 82GDbJ http://www.90SGZoHdWfN8O69Bluk0u450TSMCkjf6.com 日付 : 2012/06/23(Sat) 10:43:25 投票 : あいりん地区 コメント : EmiV3C http://www.FPU7vqiRhHghotBHegWQdZiVgO8pMSe6.com 日付 : 2011/11/30(Wed) 04:08:42 投票 : 創価学会 コメント : qCujJo http://www.QKiMt6vfLbn1bD0zxU9QchzPHO25ZYPy.com 日付 : 2011/07/10(Sun) 00:12:31 投票 : みどり館 コメント : 360度のスクリーンでの映像が迫力あった 日付 : 2010/09/20(Mon) 00:14:30 投票 : IBM館 コメント : お祭り広場の横にあるセンスのいいパビリオンだから。 日付 : 2010/05/05(Wed) 01:37:46 投票 : メキシコ館 コメント : マリアッチ採光 - Message Anq -0 0.0%
127  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。 0 0.0%
127 2日目(7月21日)  山中の別荘にある拷問部屋は、小さな体育館くらいの広大なものだった。照明も明るく、換気も行き届いていて、陰湿なイメージはない。しかし、隅に並んでいる数々の拷問具は、使い込まれ、犠牲者の血を吸い黒く光っていた。  眉子はさんざん脅かされた。  夏休みが終わるまで、残酷な拷問に架けられ、慰み者にされること。  逃亡や自殺を図ると家族を皆殺しにすること。  さらに最愛の弟は酸鼻を極めた拷問の末、殺されること。  拷問に耐えきれず、早死にしても同じであること。  夏休みの終わりまで生き残これば、家に帰れること。  「お願いです。わたしは、何をされてもかまいません。家族や、弟にだけは、手をださないで下さい」眉子は亜紀にすがって泣いた。 「あなたが、いい玩具である限り、手を出したりしないわ。さあ、裸になって、わたしたちに体の隅々まで、さらけ出しなさい。言うことを聞かないと、今、ここで嬲り殺してあげるわ」  眉子は、血で汚れた制服を脱いで行く。胸のまち針はぬいてあったが、痛めつけられた乳房は腫れて、布が触れただけで激しく痛んだ。  血が染みて黒くなったブラウスを脱ぐと、血の色をしたブラジャーが表れた。 「いい色に染まったわね。そのブラジャーは、記念にわたしがもらってやるわ」  亜紀は、ブラジャーを引ったくって自分の胸にあてた。 「さあ、パンティーも脱ぎなさい」  眉子は、裸体に視線が集まる恥ずかしさに胸の当たりまで真っ赤になっている。同性とはいえ、淫猥な目つきで見つめられているのだ。 「さあ、眉子ちゃんのお毛毛は、どのくらいかな」  亜紀は、眉子の羞恥心を煽るように言った。 「綺麗な肌ね。染み一つないとは、このことね。乳房は昨日の拷問で腫れ上がっているけど、神様が作った芸術品ね」と亜紀は、目を細めながら、眉子の体を鑑賞している。 「手をどけなさい!」  パンティーを脱ぎ股間を隠している眉子の手を警棒で打った。 「痛い!」 「隠すことないでしょ。女同士なのに」  亜紀は、眉子の陰部をしげしげと眺め言った。 「あら、まあ。まだ、柔らかそうな毛ねぇ。産毛が長くなったって感じね。生えたてのほやほやな陰毛なのね」  亜紀は眉子の陰毛を弄びながら言った。恥ずかしさに震えている眉子。 「眉子!ここは、なんていうの?」 亜紀は、第印伸を撫でながら言った。 「わ、わかりません」 「わからないはずないでしょう。あなたの通知票を見たら国語のテスト92点も取っていたじゃない」  亜紀は、陰毛を鷲づかみにして引っ張った。 「痛い!や、やめてください!」 「ちなみに保健体育は、94点だったわよ。眉子は、エッチなんだから」  明美がビデオカメラの準備をしながら言った。 「言いなさい。ここは、なんて言うところ?」 「あ、あの、せ、性器です」  眉子は絞り出すように言うと火のように顔を赤くしうつむいた。 「ギャハハハハッ」  亜紀たち3人は爆笑だ。 「せ、性器ですだってー!ひーっ、笑わせてくれるわね。さすが、優等生ね」 「じゃあ、ここは、なんて言うの?」  今度は、少印伸に指を這わせながら問う。 「そ、そこは、性器です」 「ぎゃははは。同じじゃないの!どうせなら、お漫庫とでも言えないの。さあ、いいなさい。」 「うっうっ、お漫庫です」  眉子は、目にいっぱい涙をためて言った。 「お遊びは、これまでね。拷問に入るわよ」 「いやーっ!いやです」  眉子は、逃げようとするが、敏江に押さえつけられてしまった。 「ぎゃぁぁぁぁーっ!」  敏江は、眉子の腫れた乳房を容赦なく握った。 「いうことを聞かないと、あなたの乳房を握るように敏江には、言ってあるの。大人しくすることね。さあ、そこの台に上がりなさい」  亜紀が指さした台は、産婦人科の開脚台だった。拷問を受け暴れても壊れないように頑丈な作りのものである。 「昨日は上を嬲ったから、今日は下ね」  眉子は、診察台に上がると、腕をベルトで固定された。足は開脚台に縛られ、性器を開かれる。 「さて、御開帳ね。処女の中身を拝ませてもらいましょう」 「い、痛い!」  亜紀が指の先を入れると眉子がうめいた。 「ふふふふ。ちょっと開くわよ」  亜紀は、指で窒口を広げ、ライトを照らし中を覗く。 「処女膜が見えるわ。正真正銘の処女ね。さて、眉子ちゃんの処女喪失は、この世で一番奇妙なものでないとつまらないわね」  亜紀は、コードがついた細い針をピンセットでつまみ、処女膜に刺した。 「い、いたっ!」 「動かないで、破けちゃうでしょう。もう1本刺すわよ」 「い、いったい何をするんですか?」  眉子は、恐ろしい予感に身を縮ませ震えている。 「ここから、電気を通して、あなたの処女膜を焼いてあげるわ」 「ひぃーっ!や、やめてください!」  眉子は奇怪な拷問を聞かされもがくが、ベルトでしっかりと固定された下半身は、動かすことが出来ない。処女膜から伸びたコードは、変圧器につながれた。 「こんなことで、処女膜を失うなんてなんて間抜けな人生かしらねぇ」 「や、やめてーっ!ぎぃぃぃぃっ!」  電流が流され、眉子はのけぞった。下腹部がブルブルと震え、額には脂汗が流れる。 「いたいっ!いたいよう!あーっ!」  突き刺すような腹痛に眉子は悶え狂うが、自由を奪われた体は、大きく痙攣するだけだった。 「電圧を徐々に上げてやるわ」  亜紀は、変圧器のつまみをゆっくりと回した。 「あ・あ・あぁぁぁ・・・うぐぐくっ!や、やあぁぁぁっ!あつっ!あつい!燃えちゃうぅぅぅ!」  眉子の処女膜の眉子の悲鳴も、痙攣も段々大きくなって行く。  亜紀は、目盛りを最大まで上げた。 「ぎゃうううっ!うぎぃぃぃぃっ!あ、あ、あつぅぅっ!」  眉子は言葉にならない悲鳴を上げた。  タンパク質が焼ける臭いが充満してきた。 「オホホホホ、処女膜が焼けてきた様ね。どう、処女喪失の感想は?」 「あ、ぐぐぐっ!ひ、人殺しっ」 「まだ、殺してなんかいないでしょ。処女膜なんて無くても死なないんだから、大げさねぇ」  それから、1時間もの間、拷問が続けられ、眉子の窒口からは、白い湯気が立ち始めた。  眉子は、白目をむいて口から泡を吹き、失禁した。 「これくらいが限度のようね」  亜紀は、電流を切り、眉子の窒をのぞき込んだ。  窒口を広げると、湯気が吹き出し、亜紀の指先を焼いた。 「あちちっ、窒までゆだってるんじゃないかしら?あらまあ。まだ、焼け残っているわ。処女喪失は、お預けね」  亜紀は、泡を吹いたまま失神している眉子の乳房をわしづかみにしひねり上げた。 「ぐふっ!きゃぁぁぁっ!い、いたぁぁぁぁっ!」  眉子は、新たな痛みに気を取り戻した。 「まだ、元気がある様ね。立ちなさい」  眉子は、床に足をつけ立とうとしたが、腰が砕け、そのままへたり込んでしまった。 「きょうは、もう、許してください」  涙ながらに訴える眉子の顔は、サディストたちの加虐心を煽るだけだ。だが、眉子の受けたショックは、限度を超えていて、これ以上の拷問を続けると死の危険があった。 「今日は、このくらいで許して上げるわ。あなたには、1日1回だけ、餌を与えるから、残さずに食べるのよ。ちゃんと栄養のバランスを考えた食事を用意するからね。今日は特別に調理の様子を見学させてあげるわ」  眉子は、犬のように首輪をつけられ台所まで連れて行かれた。 「このミキサーを使うの。栄養満点の食事が毎日簡単に作れるのよ」  テーブルの上には、料理の材料らしいものがならんでいる。亜紀達の食べ残しや生ゴミなどだ。 「残飯に生ゴミに、納豆をくわえて煮干しを少々。牛乳も入れるのね」  明美がメモを読みながら敏江に指示をしている。  敏江は手際よくミキサーに材料を放り込んだ。  パンのみみ、魚の骨やはらわた、スイカやメロンの皮などが砕かれ、ドロドロの液体が出来上がる。敏江は、それをドンブリにうつすと眉子の前の床に置いた。 「さあ、餌よ。生ゴミは、冷蔵庫に保管しておいたから、腐ってはいないわ。殺菌剤も加えてあるから、お腹を壊す心配もないわ。安心してお食べ」と亜紀が言った。 「こ、こんなもの、食べられません」 「そお、私たちが作った餌を食べれないと言うの。言うことを聞けないなら、あなたの弟を誘拐してきて、食べてもらうことにするわ」  眉子の顔色が変わった。 「やめて!食べます!達也には手を出さないで!」  眉子と弟の達也は、12歳も離れている。眉子は15歳、達也は3歳だ。眉子にとって、達也は自分の子どものように可愛い弟なのだ。ちょうど眉子が初潮を迎えた頃に生まれたからであろうか、眉子の愛情は、母親のそれに似ていた。 「本当に弟思いのいいお姉さんね。達也くんのためなら、なんでもするのね」  亜紀は、面白いおもちゃを手にした子どものようにはしゃいだ。 「さあ、早く食べなさい」  ドンブリの中のモノは、異臭を放っていた。眉子は、顔をしかめ目をつぶるとドンブリを手にし一気に飲み干そうとした。眉子の口の中に、何とも言えない味と臭いが広がった。頭では飲もうとしているのだが、体が受け付けず、喉を通らない。眉子はたまらず吐き出した。 「なにやってるの!」亜紀は怒って眉子の乳房を蹴り上げた。 「ぎゃぁぁぁぁっ!」眉子は激痛に悲鳴を上げる。 「吐き出したものもなめとりなさい。これから、毎日、こういう餌を食べるんだから、慣れてもらわないとね」  眉子は、青白い顔をしながらなんとか一口を胃の中に飲み込むことができた。だが、すぐに背中に悪寒が走り、胃がむかむかし、せっかく飲み込んだものをもどしてしまった。 「む、無理ですぅ。許して」涙声で訴える眉子。 「汚い娘ね。だめよ、吐いたものも全部たべなさい。達也が死んでもいいの」  眉子は、30分ほどかけてドンブリの半分を飲み込むことができた。 「時間のかけすぎよ。もっと、早く食べなさい。明美、味付けが悪いんじゃないの」 「そうですね。じゃあ、味をつけてあげるわ。お茶漬けなんてどぉ」  明美は、ドンブリをまたぐと、中にオシッコを放った。 「や、やめてぇぇぇっ!」 「さぁ、眉子。お茶漬けよ。食べなさい」  眉子は涙をボロボロこぼし泣き出した。 「ひ、ひどすぎますっ、ウッウッウッ」 「泣いてもだめよ。さっさと食べないから悪いのよ。全部食べなさい」  眉子は何度も吐き出し、また飲む繰り返しで1時間ほどかかり容器を空にした。眉子は吐き気と戦いながらドンブリや汚れた床もきれいに舐めた。 「フン!やればできるじゃない。今日はこれで許してあげるけど、明日からは、30分以内に食べてちょうだい。それから、あとで吐いたりしたら、特盛りを食べてもらうから、そのつもりでね」 「は、はい」  眉子は、胃がひっくり返りそうな吐き気を押さえて独房に向かっていった。 眉子は明美に誘われて、終業式の後、亜紀のマンションを訪れた。マンションには、亜紀と敏江がまっていた。 「よく来たわね。眉子ちゃん。これから、あなたをわたしの別荘へご招待するわ」 亜紀が敏江に目で合図を送ると、敏江は、眉子を羽交い締めにした。 「なにをするんです!」  眉子は、身をよじらせて抵抗するが、敏江の腕は丸太のように太い。眉子の細腕では、振りほどくことなど不可能だった。 「いくら叫んでもいいのよ。この部屋の防音は完璧だから。秘密の別荘に行くには、失神してもらわないとね。可愛い顔をして、オッパイは、いやらしく膨らんでいるのね」  眉子の紺色のベストは、こんもりと盛り上がっている。細身の体だが、制服の下には、少女にしては豊かな乳房が隠されていた。  亜紀は、まち針を1本、眉子のベストの上から胸に刺した。 「きゃぁぁぁっ!痛いっ!」  女の敏感な部分に激しい痛みを感じ眉子は悲鳴を上げた。まち針の頭まで差し込んで行く。 「1本くらいで悲鳴を上げないの。100本はあるんだから」  亜紀はまた、1本差し込んだ。 「やめて。わたしが何をしたっていうの」 眉子は大きな目に涙をためている。 「可愛いわねぇ。お人形みたい。こんな娘が生きて動いているなんて信じられないくらいだわ」  亜紀は目を細め、眉子の胸にもう1本刺した。 「痛いっ、ひどい、酷すぎます」  その後ろで明美がビデオカメラを回している。 「明美さん、どういうことなの?説明して」  眉子は助けを乞うように明美を見つめた。 「フフフ、眉子。あたしたちは、夏休みの間、亜紀様の別荘ですごすのよ。夏休みは長くて退屈だわ。あなたを連れていって、毎日、慰み者にしてあげるのよ」と明美が答える。 「そ、そんな。なぜ、わたしが何をしたっていうの?キャッ!」  亜紀がまた、1本刺し込んだ。眉子の顔は青ざめ、額には脂汗が吹いている。 「こんな可愛い顔をしていているのが悪いのよ。」  もう1本待ち針を打ち込んだ。 「痛い、もうやめて。こんなことして、楽しいんですか」 「何がって?決まってるじゃない。あなたのような美少女が、痛がって泣いているのを見るのは何よりも楽しいわ」と亜紀が言った。 「そ、そんな・・・。わたし、美少女なんかじゃありません」 「あなた、鏡を見たことないの!あなたのくらいの美少女は、日本中探したって、そういるものじゃないわ」  また、針を刺し込む。 「いたーっ!や、やめて、もう耐えられません!」 「そう、なら失神しなさいよ」  亜紀は冷酷に言い放つと、さらに針を打ち込んだ。50本ほど、打ち込んでも、眉子は意識を保っていた。苦しそうに息をしている。色とりどりの待ち針で飾られた胸はそれにあわせて上下していた。 「なかなか根性があるじゃない。」  亜紀はニヤリと笑い、明美を見やった。 「そうなのよ。眉子は、持久走も早いの。陸上部の子とも言い勝負なのよ。拷問の耐久力も、あるんじゃないかしら」と明美が言った。 「それは、楽しみね。玩具にするには、持ってこいだわ」  100本のまち針が全部刺し終わる頃には眉子の胸はお花畑のようにまち針の頭部に埋め尽くされている。 「まだ、失神しないなんて、大したものね。普通の娘ならもう3回は、気を失っているわ」  亜紀は敏江に、眉子の乳房を愛撫するよう命じた。  敏江は、両手で乳房を握りつぶすがごとくもむ。 「ぎゃあああああっ!やめて!い、いたい!死んじゃいますぅ!」  100本の針先が、乳房の内部を掻きむしっていた。  眉子は逃れようとと暴れるが、敏江の怪力にはかなわない。  敏江は、眉子の悲鳴にさらに興奮して乱暴に乳房をもみはじめた。 「あっ!あっ!いたぁぁぁぁぁっ!や、やめて!お、おねがい・・・し、し・・ますぅ!お、おねがいで・・す、すから〜っあ〜〜っ!」  無数の激痛の連続に眉子は、髪を振り乱して暴れる。美少女の香りに鼻をくすぐられ、敏江の愛撫はさらに残酷さを増していった。  眉子の胸に血が滲んできた。、ベストが黒ずんでいき、白いブラウスが赤に染まった。 眉子の意識が遠のき始めた。  突然、敏江が「ぎゃっ!」という悲鳴を上げ、手を離した。乳房を貫通した針先が敏江の指先を刺したのだ。  その隙に自由になった眉子は、出口のドアに向かって突進した。  亜紀は眉子の尻を力一杯蹴飛ばした。勢い余った眉子はドアに胸を打ち付けた。 「あ、あうぅぅ」  眉子は、短い悲鳴を上げるとドアの前で倒れ込み失神した。 それを見下ろしながら、亜紀は満足気に言った。 「残念だったわね。眉子ちゃん。あなたは、もう、わたしの玩具よ。せいぜいいい悲鳴を上げてちょうだいね」  3人のサディストたちは、眉子を車にのせ、別荘へ向かっていった。 0 0.0%
127  眉子への水責めはまだ続い  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。ていた。眉  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。子は口や  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。鼻から水  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。を吹きだし  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。た。 「今  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。日で最期ね  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。。眉ちゃん  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたま  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。ま。。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。0 0.0%
127  眉子への水責めはまだ続い  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。ていた。眉  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。子は口や  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。鼻から水  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。を吹きだし  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。た。 「今  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理  眉子への水責めはまだ続い  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。ていた。眉  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。子は口や  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。鼻から水  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。を吹きだし  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。た。 「今  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。日で最期ね  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。。眉ちゃん  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたま  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。ま。。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。 的に  眉子への水責めはまだ続い  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。ていた。眉  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。子は口や  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。鼻から水  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。を吹きだし  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。た。 「今  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。日で最期ね  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。。眉ちゃん  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたま  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。ま。。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。 はなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。日で最期ね  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。。眉ちゃん  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたま  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。ま。。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付か  眉子への水責めはまだ続い  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。ていた。眉  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。子は口や  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。鼻から水  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。を吹きだし  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。た。 「今  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。日で最期ね  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。。眉ちゃん  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたま  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。ま。。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。 せたまま。 0 0.0%
127  眉子への水責めはかまだ続い  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。ていた。眉  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。子は口や  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。鼻から水  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらないのよ」  虫の息の眉子は苦痛に喘ぐだけでほとんど反応を示さない。生命の限界を越えているのだ。 「家族に遺言があるなら、録音してやるわ。さあ、いいなさい」  亜紀が眉子の口にマイクをあてがった。 「ア、La・・・オトウサン、オカアサン・・・ゴメンナサイ・・・・マユコハ・・・La・・・15ネンカン・・・・・シアワセデシタ・・・・ケポッ・・・・ウッ・・・ソレカラ・・・・タ、タツヤ、ゲッ・・・・オ、オネエチャンガンバッタカラ・・・・ゲホゲホッ・・・・グエッ・・・・・・シアワセニ・・・・シ、シアワセニ・・・・カナラズ・・・・・・・シアワセニ・・・・グッ・・・ギャァァァァッ」  眉子の脊椎に流される電圧が上げられた。わずかに残った生命を吐き出させようと言うのだ。 「最後の血だ」  章一は眉子の首筋から輸血する。眉子の顔に見せかけだけの生気がもどる。  肺臓に穴を開けると、鮮血が泡を吹いて流れ出す。 「ゴホッゴホッゲボッ!」  眉子は咳き込み口から真っ赤な泡を吹きだした。 「死ね!眉子!」  章一は、変圧器のダイヤルをいっぱいに回す。 「グボッグエッグギーッ!」  眉子は、顔を真っ赤に染め、目を半開きにし、残った肺と心臓を激しく痙攣させる。 「ゲッ!ゴ、ゴロザナギデ!」 「オドウトハ、ワダジGaマモルのー!」  肝臓の残りの部分も、電気を通され、油を塗り焼かれた。 「し、信じられない。この娘、まだ、生きているわ!」  亜紀は、呆れ顔で章一を見た。 「よほど、弟が可愛いらしい。眉ちゃんの母性には、感服するよ」  章一が、ちらりと時計を見ると、もう、夜の11を回っていた。 「夕食もわすれて、拷問に没頭してしまったな。眉ちゃん、本当に12時まで生きているつもりらしい」と章一。 「じゃあ、そろそろ、とどめを刺してあげましょう」  亜紀は、敏江に例のモノをもってくるように命じた。 「冥土のみやげに、いいもの見せてあげる」  と亜紀が言うと敏江が眉子の目の前に何かを突きつけた。  眉子は、薄目を開け懸命にそれを見ようとするが、視力がほとんど失われており、ぼんやりとしか見えない。 「見える?眉ちゃん。見なさい」  次第に眉子の目が見開かれて行く。  人形・・・・青い・・・・人形?・・・・こども・・・・青い・・・・死んでる・・・・こども・・・・死体・・・・た、たつや・・・・!・・・・達也の死体!  眉子は、口をパクパクと痙攣させなにか言おうとした。 「ア、アグゥ・・・・アアアア」 「ハハハハッ眉ちゃん。お前を生かしつづけた血液な。こいつから搾り取ったんだ。よく、効いただろう」と章一が言った。  同時に午前0時のアラームが鳴った。  その瞬間、眉子の魂は身体から離れた。  美しい顔に苦悶と落胆の表情を凍り付かせたまま。を吹きだし  眉子への水責めはまだ続いていた。眉子は口や鼻から水を吹きだした。 「今日で最期ね。眉ちゃん。いいこと、夜の12時の鐘が鳴るまで、生きていられなかったら、あなたの家族は皆殺しよ」と亜紀。 「だいじょいうぶだ。心配するな。俺が生かしておいてやる。今日は、お前のために新鮮な輸血用血液も大量に用意してある。まずは輸血をして栄養をつけるんだ」章一は眉子の首筋から輸血を始めた。紫色だった唇に赤みが差し顔色もよくなっていく。「うん。血液は新鮮なものにかぎるなぁ」章一は満足げだ。  章一は眉子の膨れ上がった腹にメスを入れた。皮が裂かれると黄色い皮下脂肪があふれ出すように出てくる。 「い、いやあーっ!また、皮を剥ぐの!?」  章一はメスで皮を剥いで行く。もう手慣れたものだ。とは言っても腹の面積は、広いので小さなメスでは1時間以上かかる。  内臓が圧迫される痛みと皮剥の痛みで眉子は呻きつづけた。 「ああ・・・・ウウ・・・・ハウッハウッ・・・・イタイヨ」  章一も汗ビッショリになりながら皮を剥ぎ終えた。 「脂肪は、強火で焼いて食べるのが一番ね」  亜紀は眉子の腹に塩を塗り込んだ。 「ウウ・・・・キャアアアアアアッ!・・・・ヤメテ・・・・ヤメテ」  眉子は悶え苦しむ。腹 全体に塩を塗り込むとサラダオイルを塗り、火を点けた。眉子の膨れ上がった腹は炎に包まれる。 「あ、あつい!あついぃぃぃっ!」  脂肪が泡をたてて燃え上がった。眉子は腹を掻きむしる恐ろしい熱気に苦悶し、跳ね回り、悲鳴を上げた。章一は、興奮し精を眉子の腹にまき散らした。  眉子は白目を剥き動かなくなった。  消火し休息があたえられた。  眉子の腹はグロテスクに皮を剥がれ膨れ上がり焼けただれていた。胸は乳房がえぐられ肉が露出している。普通なら吐き気がしそうな身体だ。眉子の美しい顔が、それを甘味な物へ変えていた。 ついに、眉子の生体解剖が始まった。メスがゆっくりと腹の上をすべった。鋭い痛みに眉子は悲鳴を上げた。死の恐怖と苦しみ、激痛。焼けただれた腹膜が切り裂かれると膨れ上がった小腸が飛び出しその勢いで腸間膜が引き裂かれた。眉子は正に断腸の苦しみに顔を歪め悲鳴を上げた。 「きゃぁぁぁぁ!きゃぁぁぁぁ!く、くるしい!」  章一は小腸を引きずり出すとぺにすに巻き付けおなにーを始めた。それを見た女達は、裸になり、眉子の小腸を自分の股間に擦り付けたり、押し込んだりして楽しんだ。カメラは三脚に固定されている。眉子のはらわたは、瞬く間に精と愛液にまみれた。そのときの眉子の苦しみ様、苦悶する顔の可愛らしさといったらなかった。亜紀はスポイトで酸を垂らした。内臓は物理的な痛みより、薬品などによる科学的な痛みを激しく感じる。酸でやかれた内臓がのたうつ。眉子の悲鳴や呻き。悲痛な表情と痙攣。サディストたちは、小腸をライターで炙ったり、オイルを塗って火を点けたり、引きちぎったりして嬲り尽くした。  大腸と小腸の間を糸できつく結び後門から水を注入する。大腸は風船のように膨れ上がり腹から飛び出した。 「ぐぉぉぉぉっ」  眉子は腹の底から悲鳴を上げた。大腸が破裂し、水が噴き出した。  時折、小便が吹き出ている尿道に栓をし、膀胱を膨らませる。膀胱が限界まで膨らむと酸を表面にたらす。酸は膀胱の表面を焼き白煙をたてた。やがて、その傷から膀胱がメリメリと音を立てながら裂け、破裂した。血が混じったピンク色の小便が飛び散り、はらわたが痙攣する。腹の中を焼け火箸でかき回されるような痛みに気が遠のいていく。  新たな激痛に眉子の意識が戻ってくる。 「ひぃぃぃぃぃっ」  卵巣を針でつつかれたのだ。下腹部を襲う激痛に眉子は、今までになく大声で叫ぶ。クリとリスを嬲られるより痛い。男なら棒より玉の方が痛いのと同じだ。酸を垂らす。卵巣は痙攣し焼かれていく。電撃を食らわせ、火出炙る。叩く、刺す、削る、片方の卵巣は、ボロボロになるまで嬲り尽くされた。もう一方の卵巣は刺身にして一切れづつ食べられた。「濃厚な味でホッペが落ちそうだわ」  亜紀達は大喜びだ。 「レバ刺しを食おうぜ」  章一は肝臓にメスで切れ目を入れ、生姜醤油をかけた。4人で思い思いに箸でつつく。「こいつは、精力がつくな」と章一。 「わたし、レバーだめなんだけど、なんて美味しいんでしょう」と明美。 「敏江、あまり食べ過ぎると眉ちゃんが死んじゃうぞ。半分は残して置くんだ」  子宮が切り裂かれた。 「見て。今までの拷問でこんなになっているわ」  子宮の内部は、焼け爛れ無惨な状態であった。 「切り取ってあとで食べることにしましょう」と亜紀が言った。  すい臓、胆嚢、腎臓なども、次々と嬲られ消えていった。眉子の身体に残っている臓器は、肺と肝臓の一部、そして心臓くらいだった。どれが欠けても生きていけないだろう。小さな心臓は、強心剤の投与により強制的に動かされていたが、限界をとうに越えており、時折、痙攣し眉子を苦しめた。  眉子は、延命のために必要なありとあらゆる薬剤を投与され、新鮮な血液を輸血される。  物理的にはなんとか生きていられた。 「ウウ・・・・マダ、コロサナイデ・・・・イキル・・・・ワタシハイキル・・・」  眉子の脊椎に電極が繋がれ、電流が流される。 「ギャァァァァァッ・・・・ングング」  眉子の悲鳴も弱々しくなった。章一は切り取った眉子の窒をテニスにかぶせますたーべーしょんをしている。噴出したざーめんを心臓に浴びせかけた。 「眉ちゃん。死んだら苦痛から逃れられると思っているでしょう。でも、それは違うわ。あなたの拷問と陵辱を撮ったビデオは、世界中の金持ち達に売られることになってるの。死んでも、あなたの魂は世界中の変態達に陵辱されつづけるのよ!あなたの夏休みは永遠に終わらない